お得の生活2

会費婚のメリットとデメリットは?入籍後にも結婚式はあり?

最近は結婚式にも色々なバリエーション
が増えてきましたね。

その中には「会費婚」
という結婚式のスタイルもあります。

一般的な結婚式は、式の費用は全て新夫
婦が負担し、お客さんからはご祝儀を頂
く、というスタイルです。

このご祝儀は、結婚費用の負担を軽くす
るためには、非常に役に立っています。

ならば、最初からお客さんに会費を払っ
ていただけばよいじゃないか、というの
が、会費婚のアイデアです。

会費婚では、ご祝儀のお返しとしての
引き出物は不要になりますし、
万事合理的ですね。

ということで、今回は会費婚のメリット
とデメリットはどんなものか、形式には
どんなものがあるかを、見ていきましょう。

会費婚のメリットとデメリットは?

会費婚とは、一言で言えば
「ご祝儀の先取り」です。

「どうせ」頂くものならば、先に貰おう
と後に貰おうと同じ、ということですね。

ご祝儀スタイルの場合は、式に招待した
方々から、お祝いの気持ちとして
ご祝儀をいただきます。

このご祝儀の額には特に定めはなく、
慣習的に3万円あたりが普通とされています。

主催者側の新夫婦は、ご祝儀の御礼とし
て、料理や飲み物をふるまい、引き出物
を差し上げて「ご祝儀返し」をします。

上司や親族など、ご祝儀の額が多そうな
場合は、引き出物を豪華にするなどの対
応も、よく行われます。

これが一般的な結婚式のスタイルです。

この方式なら、年配の方や、上司や学校
の先生など目上の方にも抵抗感はなく、
式場側も馴れているので、式次第もスムーズに進行するでしょう。

しかし、ご祝儀はお客さんの金銭的精神
的負担もあり、主催者側としてもご祝儀
返しに頭を悩ますなど、デメリットもあります。

なにより、ご祝儀の額が
正確には予想できない
ことが、予算をたてる側としては困りますね。

会費婚の場合は、
お客さんから全員一律の会費をもらって
結婚式を行うスタイルです。

この会費は、運営費という位置付けなの
で、引き出物は用意せず、
料理や飲み物でおもてなしをします。

会費婚のメリットは、

  1. お客さんがご祝儀の額に悩まなくて済む
  2. 主催者側も予算がはっきりと立てられるので楽
  3. 予算的には安くなる場合が多い
  4. 引き出物や席次が不要で準備が楽
  5. 自分の好きな結婚式のスタイルでできる

などです。

どれも面倒なことばかりですので、それ
がなくなるのは大変ありがたいことですね。

また、4の自分たちの好きなスタイルで
する場合は、年配者や目上の人が多い
場合は、控えた方が無難かも知れません。

一方デメリットとしては、

  1. 会費婚に馴れていない年配者には抵抗感がある
  2. 目上の人など、個別に配慮することが困難
  3. 立食形式の場合は、食事の配慮が必要

などが考えられます。

これまで、通常のご祝儀スタイルに馴れ
ている、年配者や目上の人は、
馬鹿にされたように感じることもあり得ます。

3は、アレルギー体質の人や高齢者などに
は、食事に注意しなければなりません。

会費婚にするか通常のご祝儀式にするか
は、お呼びするお客さんの構成によるでしょう。

20代30代が中心ならば、会費婚で問題は
ありませんが、年配者や目上の人が多い
場合はご祝儀スタイルの方が無難かと思われます。

「元祖会費婚」とも言える結婚式業会社
が、株式会社アールキューブです。

「結婚式の新たな常識をつくる!」

この旗印のもと、2011年、ブライダル
業界で初めて、結婚式にかかる費用を
はじめからオープンにしたのです。

披露宴にあたる1.5次会は、堅苦しくな
りすぎず、かといってカジュアルすぎ
ないことを目指しています。

予算的には、従来の結婚式の半額以下、
しかも後払いでOKです。

各種の持ち込みもまた一切無料です。

株式会社アールキューブ 公式サイト

入籍後にやり直し結婚式はあり?

経済的理由や既成事実ありで先に入籍し
たが、やはり式は挙げたい
という人も多いかと思います。

結婚式なしで入籍し、その後
会費婚で結婚式も当然ありでしょう。

そのようなケースでは、従来のご祝儀式
よりも、会費婚の方が内容的にも適しているかも知れませんね。

後項の口コミにもその例がありますので、
ご参考まで!


会費婚の口コミは?

では、会費婚の経験者は会費婚をどう見
ているのか、そのあたりを口コミで見てみましょう。

私たちは沖縄出身で、仕事の都合で東京
に引っ越してきました。

沖縄の結婚式は会費制となっているため、
ご祝儀制に馴染みがなく、「会費制結婚式」
で探していたところ「会費婚」を見つけて申込みしました。

会費婚では、費用については明確で、
100万円くらいの持ち出しとの事でし
たので申し込みました。

プランに含まれている物以外に必要なも
のはいくつかありましたが、きちんと
手配して頂きました。

当日の会費での支払いも可能でしたので、
事前準備も不要で最初の会費婚への申込
み金として5万円だけかかりました。

ただ、会費が25000円くらいの費用の会場
を選んだ為、ゲストへの会費を15000円に
して、不足分は自分たちで負担しました。

結果的には60名の会費制結婚式で、
120万円の持ち出しとなりました。

会費婚のサロンが表参道だったため、
自宅から近くて助かりました。

結婚式自体はシンプルな内容にしたかっ
たので、打ち合わせも少なく済み、引出
物や引菓子は、持込無料だったので自分たちで手配をしました。

プランナーさんが会費婚さんの社員さん
ではなく、外部委託のプランナーさんだっ
たらしく、ウェディングのことはすごく経験豊富で詳しかったのです。

実際にどこまで融通かきくのかといった
話になると、即答してもらえず、都度確
認といった流れでしので、少し非効率的かと思いました。

結婚式当日は、あっという間の一日でした!

特にトラブルもなく終え、自己負担も当
初の100万円までに抑えたかったのですが、
120万円ほどかかりました。

ですが思い出に残る挙式披露宴でしたの
で、満足しています!

会費婚に頼むならシンプルな内容だった
ら良いと思います。

会費制にするとご祝儀よりも集まるお金
が少なくなりますので、100万円くらいの
自己負担金は覚悟しておいた方が良いと思います。

ゲストの負担を抑えることを一番に考え
ていてので、会費婚を選んで正解だった。

働きながらも準備に時間をとられること
なく満足のいく結婚式ができた

プランナーさんが親身になってくれありがたかった

決まった金額の中で打ち合わせをしてい
くので予算を大幅に超えることがなかった

入籍していたので結婚式、披露宴を
上げる予定はなかったのですが
会費婚を知って気持ちが変わりました。

知り合いも友人も気兼ねなく来てくれる
披露宴だと思ったのでお願いしました。

和やかなムードで行えたので
いい思い出になりました。



結び

会費婚とは、はやく言えば
「ご祝儀の先取り」です。

通常の場合は、式に招待した方々から、
お祝いの気持ちとして
ご祝儀をいただきます。

主催者側の新夫婦は、ご祝儀の御礼とし
て、料理や飲み物、引き出物を差し上げ
「ご祝儀返し」をします。

会費婚の場合は、お客さんから全員同一
の会費をもらい、結婚式を行うやり方です。

会費婚のメリットは、

  1. お客さんがご祝儀の額に悩まなくて済む
  2. 主催者側も予算がはっきりと立てられるので楽
  3. 予算的には安くなる場合が多い
  4. 引き出物や席次が不要で準備が楽
  5. 自分の好きな結婚式のスタイルできる

など数多いのです。

デメリットとしては、

  1. 会費婚に馴れていない年配者には抵抗感がある
  2. 目上の人など、個別に配慮することが困難
  3. 立食形式の場合は、食事の配慮が必要

などがあります。

どちら一長一短ですので、お客さんの層
や自分達の状況により判断すべきでしょうね。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です